/

この記事は会員限定です

宇宙政策、ビジネス重視に 政府の工程表見直し

[有料会員限定]

政府の宇宙政策委員会が宇宙政策の具体策を示す「宇宙基本計画工程表」の見直し作業を進めている。毎年末の改定に向け、7日に公表した中間取りまとめは、安全保障の強化を含む30の論点のうち宇宙産業関連が8割を占めた。産業振興を国が担う方針が鮮明になるなか、中核機関の宇宙航空研究開発機構(JAXA)も変化を迫られる。

改定の論点では、2020年度の初打ち上げを目指す次世代ロケット「H3」の開発などに加え、準...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り826文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン