2018年9月22日(土)

老朽団地、再生阻む資金繰りの壁
限界都市 NIKKEI Investigation

限界都市
(1/2ページ)
2018/6/18 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 大都市郊外にある住宅団地の「老い」が深刻な問題になってきた。高度成長期に大量供給された建物の老朽化が進み、住民の高齢化と空き家の増加が消費低迷や地価下落を招いている。負の連鎖は加速する可能性が高いが、建て替えの動きは鈍い。背景には一筋縄ではいかない資金繰りの問題がある。

【関連記事】
老いる団地、密集地の地価下落 高齢化で建て替え難航

■エレベーターがない5階建て

 千葉県松戸市の北東部にある大規模団地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報