/

ライドシェアの中国滴滴、オーストラリア進出

【北京=多部田俊輔】中国ライドシェア最大手の滴滴出行は15日、オーストラリア市場に進出すると発表した。中国では圧倒的な市場シェアを占めるようになったことから、スマートフォン(スマホ)の配車アプリの普及が進む海外で事業拡大を加速する方針。2018年の重点市場としてオーストラリアのほか、中南米と日本市場の開拓に注力するとしている。

全額出資の子会社を設立し、メルボルン市で25日にライドシェアのサービスを正式に開始する。1カ月前からジーロング市で実証試験を手掛けており、配車アプリの作動状況を確認してきたほか、ドライバーの募集を始めていた。

滴滴は5億5千万人の利用者を抱え、登録ドライバーは2100万人を超える。毎日の利用件数は3千万件。海外では米リフト、インドのオラ、シンガポールを本拠地に東南アジアで展開するグラブなどとの提携を通じて1000都市以上をカバーするという。

海外でも独自に滴滴ブランドのライドシェアサービスを手掛けており、4月にはメキシコにも進出した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン