/

この記事は会員限定です

楽天の携帯キャリア参入、品質が課題に

ITジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]

楽天が2019年に携帯電話事業者(キャリア)として参入を計画している。その重要な要素の一つが、いかに利用者を確保するか。同社は、NTTドコモから回線を借り受ける仮想移動体通信事業者(MVNO)として「楽天モバイル」を展開。そのユーザーベースをテコに、キャリアビジネスの成功につなげたい考えだ。

すでにMVNOで楽天モバイルはシェアトップだが、14日に値下げや大容量プランの追加などを発表。300万回線の確保を狙う。格...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2262文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

モバイルの達人

最新スマホの最速レビューから、最新技術動向、スマホを巡るビジネスの裏側など業界を知り尽くす「達人」がお伝えします。動きの早いモバイル業界の「次を読む」ためのヒントが満載。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン