日銀、金融緩和策を維持 景気判断も据え置き

2018/6/15 11:59
保存
共有
印刷
その他

日銀は15日の金融政策決定会合で短期金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度に誘導する金融緩和策(長短金利操作)の現状維持を賛成多数で決めた。緩和策を粘り強く続け、2%の物価安定目標の達成を目指す。景気は「緩やかに拡大している」との判断を据え置いた。

黒田東彦総裁が15日午後に記者会見を開き、決定内容の詳細を説明する。金融政策の維持は9人いる政策委員のうち、片岡剛士審議委員を除く8人の賛成多数で決めた。片岡氏は2017年7月の就任以降、一貫して反対票を投じている。

上場投資信託(ETF)などの資産買い入れ方針は全員が賛成した。足元で物価の伸びが鈍化している理由についても議論したもよう。4月の全国消費者物価指数(CPI)の上昇率は値動きの激しい生鮮食品を除く総合で前年同月比0.7%と、日銀が目指す物価安定目標には遠い。

日銀が大規模な金融緩和を続ける一方で、米欧は出口に向かっている。米連邦準備理事会(FRB)は13日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で3カ月ぶりの利上げを決めた。18年の利上げ回数について中心シナリオを従来の計3回から4回へと引き上げた。欧州中央銀行(ECB)も14日、量的緩和政策を年内に終了することを決めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]