/

この記事は会員限定です

「高アル」ビール、節約志向つかめ 縮小市場反転狙う

(更新) [有料会員限定]

ビール大手がアルコール度数が高めのビール系飲料「高アル」ビールに注力している。新製品の発表や増産が相次ぐ。消費者の節約志向が根強いなか、手軽に酔いたいという需要を取り込む。「高アル」で市場活性化に成功した缶チューハイの"二匹目のどじょう"を狙うが、2本買ってもらえるところが1本で済まされるかもしれないとのジレンマも抱える。

「景気に先行き不透明感があるなか、コストパフォーマンスがいい高アルが注目さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1886文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン