/

この記事は会員限定です

「夜更かし省庁」はどこ(写真でみる永田町)

[有料会員限定]

15日午前0時、東京・霞が関。中央省庁が立ち並ぶ一帯に足を運ぶと、庁舎という庁舎から明かりがこぼれ、皇居や日比谷公園の森をくっきり照らしていました。働き方改革が求められる時勢ですが、国会の会期中ということもあり、霞が関には別の時間が流れているようです。なかでも最も煌々(こうこう)と輝く省庁を探しました。

まずは「官庁の中の官庁」と呼ばれる財務省です。旧大蔵省の時代から過酷な残業で知られていますが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り254文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません