/

シカゴ高速地下交通、テスラ系が受注 30秒おきに運行

【シカゴ=野毛洋子】米シカゴ市は14日、米テスラ傘下のボーリング・カンパニーを、オヘア空港と市内を結ぶ高速地下交通システムの建設・運営業者に選んだ。10億ドル(約1100億円)とみられる建設費はボーリングが負担し、市民への税負担はないという。

テスラのモデルXを元にデザインした電気自動車「エレクトリック・スケーツ」=ボーリング提供

「シカゴ・エクスプレス・ループ」と呼ぶ高速地下交通システムは、オヘア空港から市の中心地を地下トンネルで結び、テスラのモデルXを元にした8~16人乗りの電気自動車を30秒おきに時速約240キロで運行する。同空港から市内までの約28キロメートルの距離を12分で行き来でき、現在は交通渋滞すると1時間以上かかっている移動時間を大幅に短縮する。完工時期など詳細は今後詰める。

ラーム・エマニュエル・シカゴ市長はいち早く次世代の交通手段を導入することについて「市に最先端の進歩をもたらし、新たな雇用を生む」と述べている。

関係筋によると、ボーリングはワシントンなど米国の複数都市で高速地下交通網の開発を試みているが、行政の認可取得に時間がかかっている。シカゴは市政府が認可した最初のケースになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン