2018年7月18日(水)

かぼちゃ破綻で見えた シェアハウス満室への近道

コラム(ビジネス)
スタートアップ
2018/6/15 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 家賃が安く様々な属性の入居者との交流を楽しめる「シェアハウス」は有望市場なのか。女性専用の「かぼちゃの馬車」を運営していたスマートデイズ(東京・中央)が4月に経営破綻し波紋を広げる一方で、ユニークな取り組みで入居者を集める事業者も少なくない。問われるのはシェアハウスの本質で、入居者が集う「井戸端」の存在がカギだ。

■記者が見た かぼちゃの馬車の物件

 スマートデイズの破綻の原因として、「サブリース」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報