/

この記事は会員限定です

かぼちゃ破綻で見えた シェアハウス満室への近道

[有料会員限定]

家賃が安く様々な属性の入居者との交流を楽しめる「シェアハウス」は有望市場なのか。女性専用の「かぼちゃの馬車」を運営していたスマートデイズ(東京・中央)が4月に経営破綻し波紋を広げる一方で、ユニークな取り組みで入居者を集める事業者も少なくない。問われるのはシェアハウスの本質で、入居者が集う「井戸端」の存在がカギだ。

記者が見た かぼちゃの馬車の物件

スマートデイズの破綻の原因として、「サブリース」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2781文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン