2018年8月19日(日)

「経済回廊」整備促進で一致、タイ・ミャンマー首脳会談

政治
東南アジア
2018/6/14 22:04
保存
共有
印刷
その他

 【バンコク=小谷洋司】ミャンマーのウィン・ミン大統領は14日、訪問先の隣国タイでプラユット暫定首相と会談し、両国をつなぐ国際幹線道路の整備促進など経済協力を進める考えで一致した。「東西経済回廊」「南部経済回廊」と呼ぶ2本の道路整備で人・モノの往来を促し、地域経済統合を前進させる。

共同会見後に握手するタイのプラユット暫定首相(右)とミャンマーのウィン・ミン大統領(14日、バンコクのタイ首相府)

 今年3月に就任したウィン・ミン氏にとって初めての2国間の首脳級会談となった。会談後の共同会見で同氏は「経済発展のためタイとより緊密な関係を築きたい」と話した。両首脳はタイの民間企業の対ミャンマー投資を後押しすることでも合意した。

 ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャの難民問題を巡っては、プラユット氏が問題解決に向けたミャンマー政府の取り組みを「歓迎する」と表明。数多くのロヒンギャが暮らしてきたミャンマー西部ラカイン州の生活基盤の向上に協力する意向を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報