2018年8月20日(月)

東電、福島第2廃炉表明 完了まで20~40年、道のり遠く

環境エネ・素材
2018/6/14 22:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東京電力ホールディングスは福島第2原子力発電所の廃炉方針を示すことで、事故を起こした福島第1原発の廃炉作業や柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働など山積する課題に集中する。廃炉には20年以上の時間と数千億円の費用がかかり、道のりは遠い。

 「曖昧な状況は復興の足かせになる」。14日、小早川智明社長は記者団に語った。福島第2の廃炉は地元自治体などが求めていた長年の問題。社長に就任し新経営体制に移行して約1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報