/

スタートアップ企業紹介、つくば市など都内でイベント

茨城県つくば市などは14日、同市に関連が深いスタートアップ企業を紹介するイベント「Tsukuba Global Night」を虎ノ門ヒルズ森タワー(東京・港)で開いた。起業家らが事業内容を説明し、参加者と情報交換した。

茨城県つくば市などはスタートアップ企業を紹介するイベント「Tsukuba Global Night」を開いた(14日、東京・港)

毛塚幹人副市長は冒頭「市の未来にとってスタートアップは税収と雇用両方の観点から不可欠。スタートアップの現状を知ってもらいたい」と述べた。

市が実証実験を支援したAGREE(同市)の伊藤俊一郎社長は病院に行けない時などに医師に相談できるスマートフォン向けアプリを紹介。「日本には持続可能なヘルスケアシステムが必要だ」と訴えた。

筑波大発ベンチャーで、キャンプ場検索サイトを運営するforent(同市)の塚崎浩平社長は「つくばにはIT系のベンチャーは少ない。早く上場したい」と意気込みを語った。

参加登録者は約600人で、会場は立ち見が出るほど。運営にあたった一般社団法人ベンチャー・カフェ東京の小村隆祐プログラムマネージャーは「つくばは非常に注目されている」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン