/

新潟・柏崎市長 知事に原発検証の見直し要求

新潟県柏崎市の桜井雅浩市長は14日、新潟県庁を訪れ花角英世知事と面会した。面会は冒頭を除き非公開。桜井氏は終了後、花角氏が継続の意向を示す東京電力福島第1原子力発電所事故の原因など「3つの検証」について「実質的、合理的なものに見直してほしい」と改めて要求したと明らかにした。2氏の面会は花角氏の知事就任後初。

「3つの検証」の見直しを要望する柏崎市の桜井雅浩市長(右)(14日、新潟市)

桜井氏は従来から検証委員会の開催頻度が数カ月に1回にとどまることなどを理由に、県の検証作業に疑問を呈してきた。ペースの引き上げなどを花角氏に要望したのに加え、原発に関して県と市で継続的に意見交換するよう求めた。

桜井氏は地元の東電柏崎刈羽原発の再稼働に「条件付き容認」の立場だ。検証を優先する花角氏とは異なるものの、知事選では花角氏を支持した。桜井氏は「再稼働してもらえるかは別問題だが、共有点を見いだすことは十分にできると考えている」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン