2018年10月18日(木)

富士ゼロ子会社、新潟・柏崎の事業所閉鎖 地元に懸念

2018/6/14 22:00
保存
共有
印刷
その他

富士ゼロックス子会社の富士ゼロックスマニュファクチュアリング(神奈川県海老名市)が新潟県柏崎市にある生産拠点を2019年3月末に閉鎖する。地元では契約社員らの再雇用先の確保や関連企業への打撃を懸念する声が上がっている。

2019年3月末で閉鎖する富士ゼロックスマニュファクチュアリング新潟事業所

富士ゼロックスによると、新潟事業所は企業向けの大型プリンターなどを製造。約420人の従業員のうち正社員約260人は海老名市の事業所に移る。契約社員ら残りの従業員は19年3月末までに契約を打ち切る。

柏崎市によると、田尻工業団地約60万平方メートルのうち、新潟事業所が約11万6500平方メートルを占める。富士ゼロックスは土地や建物を売却する方針だ。

桜井雅浩市長は「従業員の配置転換に伴う人口流出、消費の減少など影響は避けられない」と語る。市はハローワークなどと連携し、契約社員らの再就職を可能な限り支援する方針だ。

柏崎商工会議所は「社員食堂の食材や梱包資材の納入などを担う地元企業への打撃は大きい」(柳清岳専務理事)と話す。

富士ゼロックスは構造改革として国内外で1万人を削減する方針。同社広報宣伝部は「競争環境が厳しい中、生産の効率化が必要と判断した」と説明している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報