2018年8月16日(木)

埼玉県内企業、18年夏のボーナス微増

南関東・静岡
2018/6/14 23:00
保存
共有
印刷
その他

 ぶぎん地域経済研究所(さいたま市)の調査によると、埼玉県内企業の今夏のボーナスは1人当たり平均支給予定額が48万2968円で、前年に比べ0.8%増えた。平均支給月数は0.01カ月分増の1.85カ月分だった。規模の小さい企業が支給額を積極的に増額している傾向がみられた。

 調査は5月上旬に県内企業557社を対象に実施。195社が回答した。回答率は35%。

 業種別では、製造業が5%増の52万6799円だった一方、非製造業は2%減の45万5087円だった。企業規模別では、従業員100人以上の企業が微増だったのに対し、同100人未満の企業は4%増と伸びが大きかった。

 一方、埼玉県産業振興公社が5月中旬に県内中小製造業2000社を対象に行った調査では、回答企業380社の1人当たり平均支給予定額は4%増の39万9069円だった。平均支給月数は0.07カ月分増の1.53カ月分だった。支給状況については「支給する」が1ポイント増の79%だった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報