2018年12月16日(日)

神奈川に大型物流施設続々、三菱地所や日本生命など

2018/6/14 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

神奈川県内で大規模な物流施設の建設計画が相次いでいる。投資会社や三菱地所などが共同で川崎市に国内最大級の施設を稼働させるほか、日本生命は大和市に首都圏で初の施設をつくる。電子商取引(EC)市場の拡大で物流需要が高まる中、県内からは大消費地の東京や横浜市などにアクセスしやすい。道路網の整備が進むことも背景にある。

ラサール不動産投資顧問、三菱地所、NIPPOの3社は、2019年5月をめどに川崎市の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報