2018年9月23日(日)

名古屋高速、18年度の予算規模 0.8%増の1410億円

2018/6/14 20:22
保存
共有
印刷
その他

 名古屋高速道路公社は14日、2018年度の予算規模が前年度当初計画に比べ0.8%増の1410億円になるとの見通しを発表した。路面の修繕工事や設備点検などの費用が増える。

 同日、重要事案などを協議する運営会議(会長・大村秀章愛知県知事)を開いた。トラックなどの交通量増加で料金収入は1%増の628億円を見込む。一方、老朽化に伴う修繕や路面の清掃、大雪対策などの維持管理費がかさむ。

 今後も名古屋駅近くの高速道路出入り口の追加や改良について、国や自治体と協議を進めていくとしている。

 利便性向上を狙い、8月をめどに顧客が指定した路線や時間帯で通行止めの発生・解除のメール配信サービスを始めることも明らかにした。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報