2018年11月20日(火)

最新ニュース

フォローする

イスコ、創造性あふれるピッチの魔法使い
Theフェース スペインMF

2018/6/14 20:00
保存
共有
印刷
その他

代表でも背番号「22」はトレードマークのイスコ=AP

代表でも背番号「22」はトレードマークのイスコ=AP

魅惑のボールコントロールに、ボールと戯れるようなドリブル、そしてパンチの効いたシュート。「マゴ(魔法使い)」とたたえられるプレーの数々をイスコ(26)はピッチで繰り広げる。意外性と創造性にあふれたスペインサッカーの体現者でもある。

育成年代からスペイン代表の中核を担った。2013年の21歳以下(U―21)欧州選手権で優勝して最優秀選手に。スペインリーグの中堅クラブ、マラガで突出した存在だった背番号「22」をレアル・マドリードがその年から迎え入れている。以来、代表でも22番がトレードマークだ。

優勝したU―21スペイン代表を指揮していたのが、13日までスペイン代表の監督だったロペテギ。指揮官は大会後のレアル監督就任の契約が同国サッカー連盟のルビアレス会長の逆鱗(げきりん)に触れて電撃解任されたが、GKデヘアやMFティアゴら当時のメンバーは成熟期を迎え、そのまま現スペイン代表の屋台骨を担う。再集結したともいえるチームの攻撃の核にはイスコがいる。

役者のそろう「白い巨人」では先発の座をつかみきれずにいるが、代表では地歩を固めており3月のアルゼンチン戦でハットトリック。代表での先輩、イニエスタにサポートされるかたちで同年代のティアゴらと中盤を形成し、FWアスパスらを交えたユニットは、パスワークとドリブルを多彩に織り交ぜ、楽しげなボールの軌道を相手陣のキャンパスに描いていく。

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

W杯関連のコラム

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]