2018年9月20日(木)

西鉄、太宰府駅を刷新 朱色の欄干など

2018/6/14 18:22
保存
共有
印刷
その他

 西日本鉄道は14日、運営する太宰府駅(太宰府市)の内外装を刷新すると発表した。約2億6000万円を投じ、和をイメージする欄干を設置したり、案内表示の多言語表記を整備したりする。同駅の本格的なリニューアルは1991年以来27年ぶり。訪日外国人の増加を受け、満足度を高められる駅舎に改築する。

西日本鉄道が12月までに刷新する太宰府駅のイメージ

 8月に着工し、12月の完成を目指す。駅ホームの改札側に欄干を設置するほか、新しい照明器具やベンチには、太宰府天満宮が名所として知られる「梅」をあしらったようなデザインを採用する。

 女性トイレにはパウダールームを設置するほか内装を木目調にする。案内表示は日・英・中・韓の4カ国語にする。新駅舎では朱色を基調とし、同じ「太宰府線」にある西鉄二日市駅と同五条駅でも駅の柱の色をそろえるなどして統一感を演出する。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報