2018年10月19日(金)

尾道デニム 市民が味付け 1年着用、色落ち後に販売

2018/6/14 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農家や大工、僧侶など様々な職業の人にはき込んでもらい、オンリーワンの古着ジーンズとして販売する「尾道デニムプロジェクト」。6年目を迎え、一段と進化し始めた。推進母体のディスカバーリンクせとうち(広島県尾道市)がプロジェクト参加者のアイデアを生かした新ブランドを追加。これまでの絆を強めつつ、世界販売も見据えた展開に力を入れる。

「ワシのはいたんが倍の値段で売れるなんて、信じられん思うとったけぇ」と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報