2018年9月20日(木)

リベロの視点

フォローする

殻破れぬ錦織圭に欠けている最後の1ピース
スポーツコメンテーター フローラン・ダバディ

(1/2ページ)
2018/6/17 6:30
保存
共有
印刷
その他

 テニスの四大大会第2戦、全仏オープンのキャスターとしてパリに行ってきた。男子シングルスの優勝は今年もラファエル・ナダル(スペイン)。全仏では2年連続11度目、32歳にして直近5つの四大大会で3度優勝という充実ぶりだ。

 2017年以降の男子テニス界は世界ランキング1位のナダルと36歳にして同2位のロジャー・フェデラー(スイス)が東西の横綱として君臨している。大相撲の本場所に相当する四大大会で、昨年以降の6大会は2人が3回ずつ優勝を分け合っている。

ナダルはフェデラーと東西の横綱として君臨する=ロイター

ナダルはフェデラーと東西の横綱として君臨する=ロイター

実力も実績も別格の2人

 彼らは並の横綱ではない。キャリア通算の優勝回数はフェデラーが史上最多の20回、ナダルがそれに次ぐ17回。これは白鵬と千代の富士のような大横綱2人が同時代に生きているのに等しい。実力でも実績でも2人は格が違う。錦織圭を含めたほかのトッププレーヤーたちは大関がいいところ。残念ながらそれが現実だ。

 現在のスポーツ界は、富が再生産される資本主義の果てまできている。市場原理とグローバリゼーションの拡大で、富める者ほどさらに多くを手にできる。ジェフ・ベゾスやビル・ゲイツは億万長者の中でも桁が違うし、米国と中国は抜きんでた大国だ。サッカーならレアル・マドリードとバルセロナが別格だろう。

 テニス界も同様だ。フェデラーの年収は70億円、ナダルは50億円といわれる。日本で毎年秋に開催する楽天オープンが彼らを呼ぼうとすれば、賞金とは別に5000万~7000万円の出場料を支払わなければならない。こうなると彼らは、すずめの涙ほどの賞金しか出ない国別対抗戦、デビス杯などには関心が薄れていく。男子ツアーを主催するATPも各国のテニス協会も彼らには何も言えない。スター選手は誰よりも“エライ”のだ。

 サッカー日本代表の監督だったバヒド・ハリルホジッチ氏の解任にも僕はどこか似たものを感じた。彼は日本的な“政治的正しさ”を欠いていたため、気の毒なことにワールドカップ(W杯)直前にしてお役御免になってしまった。本田圭佑はNHKの番組で前監督に批判的な発言をしていたが、いうまでもなく日本代表は彼のチームではない。

ハリウッドにも通じるスポーツ界

 選手の名前が必要以上に幅を利かせる現在のスポーツ界は、ハリウッドにも通じるところがある。ハリウッドでは映画の興行成績が、ストーリーの出来や脚本家、演出家の能力で決まるのではないことを誰もが知っている。そこで有名監督ののれんを借りる「フランチャイズ」的なマーケティング戦略が取られることになる。間もなく公開される「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」もそのひとつだ。もともとは有能だが知名度の高くない若手監督が指揮を執っていたが、ディズニーは撮影終盤になってその仕事を名匠ロン・ハワード監督に引き継がせた。サッカー日本代表とよく似た話ではないか。しかし、こんな継ぎはぎをして作品の完成度が上がるかといえばそれは難しい。

  • 1
  • 2
  • 次へ

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

テニスコラム

電子版トップスポーツトップ

リベロの視点 一覧

フォローする
W杯フランス代表の優勝パレードに集まったサポーターの顔ぶれは多彩だった=APAP

 スポーツとは全く関係のないロケのためだったが、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝当日、僕はフランスにいた。結果はご存じの通り、フランスがクロアチアを破って20年ぶりの優勝。現地はお祭り騒 …続き (8/5)

錦織本来のテニスには繊細で芸術的な味わいがある=ロイターロイター

 テニスの四大大会第2戦、全仏オープンのキャスターとしてパリに行ってきた。男子シングルスの優勝は今年もラファエル・ナダル(スペイン)。全仏では2年連続11度目、32歳にして直近5つの四大大会で3度優勝 …続き (6/17)

ハリルホジッチ氏の解任に至る真相はまだよくわからない

 6月19日のコロンビア戦は今年の日本のスポーツシーンのハイライトになるはずだ。そのワールドカップ(W杯)が2カ月後に迫ったところで、サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が職を解かれた。
 サッ …続き (4/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]