/

「原発の再稼働は必要」日本ガス協会会長

日本ガス協会の会長に14日、東京ガスの広瀬道明会長が就任した。同日の記者会見で広瀬会長は「原子力発電所の再稼働は必要だ」と話した。エネルギー源の多様化のために原発再稼働を進め、再生可能エネルギーや天然ガス火力発電と組み合わせる必要があるとの見方を示した。

2011年の東日本大震災を受けて国内のすべての原発が停止し、天然ガス火力発電で代替するため、日本の液化天然ガス(LNG)の輸入量は急増した。広瀬会長はこれを念頭に「当時のLNG価格は急騰し、調達を担当する部門は苦労した。ガス会社にとっても原発は再稼働してもらう必要がある」と話した。

政府が素案をまとめたエネルギー基本計画については「資源の乏しい日本はあらゆる可能性に目配りする『したたかさ』と『しなやかさ』が必要だ。エネルギー基本計画は戦略性と柔軟性を併せ持つ」と評価した。

広瀬会長は天然ガスの普及拡大に向け「再生エネとガスの連携のほか、エネルギービジネスのデジタル化に注目していきたい」とも話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン