2018年10月18日(木)

新幹線ボンネット割れる 博多―小倉間で人と接触

2018/6/14 16:05 (2018/6/15 0:45更新)
保存
共有
印刷
その他

14日午後2時11分ごろ、北九州市の小倉駅を発車した博多発東京行きの東海道・山陽新幹線のぞみ176号の先頭車両のボンネットに割れがあるのを、同駅ですれ違った別の新幹線の運転士が発見した。

ボンネットの先端が割れた山陽新幹線ののぞみ176号(14日、JR新下関駅)=共同

ボンネットの先端が割れたのぞみ176号(14日午後、JR新下関駅)=共同

JR西日本によると、山口県下関市の新下関駅で臨時停車し、緊急点検を実施。破損部分から人体の一部が見つかった。博多―小倉駅間で人と接触したという。福岡県警によると、北九州市八幡西区の線路上で体の一部が複数見つかった。

この影響で博多―広島駅間の上下線は14日の運転を取りやめた。九州新幹線にも影響が出た。JR西が割れの大きさや原因などを調べている。新幹線の乗客にけが人はいなかったという。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報