2018年6月22日(金)

外国人女流棋士、山梨の児童と「どうぶつしょうぎ」

南関東・静岡
2018/6/14 15:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 外国人で初めて将棋の女流プロ棋士となったポーランドのカロリーナ・ステチェンスカさん(26)は14日、山梨学院幼稚園(甲府市)で「どうぶつしょうぎ」を教えた。どうぶつしょうぎは盤面が3×4、4種類の動物が描かれた駒で、相手のライオンを取りあうゲーム。幼稚園が進める異文化交流の一環で、系列の大学院に留学していた縁で招かれた。

 ステチェンスカさんは日本の漫画に描かれた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報