2019年9月23日(月)

スペシャル

フォローする

官民で盛り上げるラグビーまつり 19年W杯期間も

2018/6/15 6:30
保存
共有
印刷
その他

官民が一体となって盛り上げるラグビーイベントが東京都内で始まった。17日には、秩父宮ラグビー場で海外の強豪とトップリーグ勢がダブルヘッダーで対戦。周辺を歩行者天国とし、祭典のムードを演出する。2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の試合会場から漏れた秩父宮ラグビー場を、大会中に活用できるようにする狙いもある。

秩父宮みなとラグビーまつりは新たなラグビーの楽しみ方を提案する

秩父宮みなとラグビーまつりは新たなラグビーの楽しみ方を提案する

「秩父宮みなとラグビーまつり」は、秩父宮ラグビー場の地元港区の行政や財界などでつくる実行委員会が主催する。昨年、新たなラグビーの楽しみ方を提案するイベントとして第1回を開催。約1万人の観客を集めた。今年は規模を拡大。国際リーグのスーパーラグビーを戦うオーストラリアの2チームを招き、NEC―ワラタス戦、サントリー―ブランビーズ戦を行う。

試合日には秩父宮の正面の通りやイチョウ並木を歩行者天国にする。飲食店や、付近の大使館が名産品を並べる店など約70店が並ぶ見込み。婚活チケットも発売。ラグビーに詳しい男性と、スポーツに興味のある女性の縁を取り持つ。豪州勢は12日に来日。トップリーグのチームとの合同練習やファンとの交流パーティーも開く。

出場する日本の企業も大会を盛り上げる。サントリーはスポンサーとして契約。NECのグループ会社、NECネッツエスアイは観戦をより楽しむための技術の実証実験を行う。スマートフォンでラグビーのルールを尋ねると、人工知能(AI)が答えるサービスを提供する。商店街の画像を撮影することで参加できるスタンプラリーも実施。スクラムやタックルを体験できる仮想現実感(VR)のブースも出す。

秩父宮は19年W杯の試合会場に入らなかった。しかし、このイベントでノウハウを蓄積しておけば、W杯中にファンが集うための場所にできる。祭りの旗振り役となった港区ラグビーフットボール協会の黒崎祐一会長は「来年はW杯を楽しみ、日本代表を応援する祭りを聖地の秩父宮で開きたい」と話している。

(谷口誠)

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ラグビーコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
フィジーにある母の故郷で、親族らに囲まれるラグビー日本代表主将のリーチ(中央)=中尾悠希撮影


 「WELCOME HOME」。風に揺れる垂れ幕に触れ、ラグビー日本代表のリーチ・マイケル主将がほほ笑む。8月中旬、リーチはフィジーにある母の故郷を訪問。9月20日開幕のワールドカップ(W杯)日本大会 …続き (8/29)

実行委員長の杉本氏(左)は記者会見で下鴨神社や平尾さんへの思いを語った。右は坂田・関西ラグビー協会会長(8月7日、京都市)

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開幕(9月20日)まで1カ月あまり。盛り上げに一役買おうと、関西のラグビー関係者が大会最終日の11月2日、世界遺産の下鴨神社(京都市)で決勝のパブリックビュー …続き (8/17)

思いも寄らぬ策を講じる鬼才・ブラウンコーチ

 「私の右腕」。ラグビー日本代表ヘッドコーチ(HC)のジェイミー・ジョセフが絶大な信を置く人物がいる。攻撃担当コーチのトニー・ブラウン。「三国志」の劉備と軍師・諸葛亮孔明のように息の合ったコンビである …続き (8/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。