2018年6月24日(日)

テレノール、アジア後発国に経営資源集中
低料金でシェア拡大

東南アジア
ヨーロッパ
アジアBiz
モバイル・5G
ビジネス
2018/6/15 0:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ノルウェーの政府系通信テレノールがミャンマー、バングラデシュ、パキスタンのアジア後発3カ国に経営資源を集中している。インド・中東欧から撤退する一方、ミャンマーなど3カ国の契約者数を1億3千万人と10年で4倍に増やした。月額200円あまりの携帯電話収入を着実に積み重ね、3カ国で千億円を超える営業利益を計上する。新興国の低所得者層「ボトム・オブ・ピラミッド」を成長の柱とするビジネスモデルで、アジアで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報