スペシャル

フォローする

データで比較 サッカー日本の戦い方の変遷

(1/2ページ)
2018/6/15 6:30
保存
共有
印刷
その他

現地時間の6月14日夜、開幕したサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に6大会連続出場を果たした日本代表はここにきて大きく路線を変更したようだ。本大会2カ月前になって電撃的な監督交代が断行され、誕生した西野朗新監督はデータ上からもハリルホジッチ前監督とは際だった違いを浮き立たせている。

各種スポーツのデータ分析を手掛けるデータスタジアム社の集計から、日本代表のスタイルの変遷を探ってみた。図は、4年前のブラジル大会アジア予選を戦ったザッケローニ監督、ロシア大会のアジア予選を戦ったハリルホジッチ監督、そして就任してからガーナ、スイス、パラグアイと戦った西野監督のそれぞれにどんな傾向があったことを示すものである。

対象はW杯最終予選と「西野ジャパン」の3試合で、ロシア大会の1次リーグで対戦するコロンビア、セネガル、ポーランドのW杯最終予選のデータとも比較した。各国が予選で対戦した国すべての数値も含めて偏差値化したもので、「ボール支配率」「ゴール前への進入」「敵陣でのボール奪取」「カウンター」「サイド攻撃」「セットプレー」の6項目で戦い方の違いを探った。

例えば、「ザック・ジャパン」の特長がボールの支配率にあったことは一目瞭然だ。アジア最終予選全体を通じて支配率の平均値は58.2%で、「ハリル・ジャパン」の48.1%とは段違い。相手のペナルティーエリア内にボールを入れ、同エリア内でプレーができた回数を示す「ゴール前への進入」は1試合平均19回。アジア予選のレベルを割り引く必要はあるものの、この数字は今回のコロンビア、ポーランド、セネガルを上回る。要約するなら「よくつなぎ、よく攻めた」チームだったと言えよう。

ハリルホジッチ前監督は、ザック・ジャパンが美徳としたことに真っ向から異を唱えた感じ。ボール支配率の異様なまでの低さにそれは如実に表れている。一方で「カウンター」(ボールを奪ってからシュートまでの時間が10秒未満のシュート数)と「敵陣でのボール奪取」(敵陣でボールを奪って守備から攻撃に切り替わった回数)に優れた数字を残した。ゴール前への進入回数も1試合平均18回とザックジャパンに迫る。攻撃の経路がサイドからに偏りすぎたきらいはあるが、前監督が常に強調した「デュエル(1対1の戦い)」「縦に速い攻め」はそれなりに実践されていたのだろう。

ただ、その強圧的なスタイルは、アジアでは通用してもプレスをかいくぐることに慣れた欧州勢やブラジルにはするりとかわされて終わり、監督の進退問題を招くことにもなった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

日本代表のコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
サッカー日本代表監督への就任が決まり、記者会見する森保一氏=共同共同

 サッカー日本代表の新監督に、森保一・U―21(21歳以下)監督が兼任で就くことになった。
 日本人指導者の間で監督交代がなされるのは1997年の加茂周―岡田武史以来になる。この時は監督解任に伴う継承劇 …続き (2018/7/27)

 現地時間の6月14日夜、開幕したサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に6大会連続出場を果たした日本代表はここにきて大きく路線を変更したようだ。本大会2カ月前になって電撃的な監督交代が断行され、 …続き (2018/6/15)

FIFAはクラブW杯を4年に1度とし、出場枠を24チームに増やす見込み(2017年大会で優勝したレアル・マドリード)=ロイターロイター

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会を前に世界のサッカー界が揺れている。発端は国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長が打ち出した2つの改革だ。
 まずはクラブW杯の拡大。7クラブで毎年開く大会 …続き (2018/6/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]