/

この記事は会員限定です

米産LNGに込める通商圧力緩和への皮算用

編集委員 松尾博文

[有料会員限定]

東京ガスが米国産の液化天然ガス(LNG)の輸入を始めた。日本企業が米国で生産し、長期契約に基づいて日本に持ち込む初のLNGである。東ガスに続き、ほかの日本企業が準備するプロジェクトからも順次、輸入が始まる。

エネルギー調達の多角化やLNG市場の活性化を促すと期待される米産LNGだが、ここに来て別の色彩を帯びつつある。強まるトランプ政権の通商圧力をかわす盾としての役割である。

5月21日正午過ぎ、東ガスの根...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1907文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン