2018年11月16日(金)

最新ニュース

フォローする

W杯地元ロシア、重圧の開幕戦
開催国が初戦落とした例なし

2018/6/14 13:45
保存
共有
印刷
その他

初戦を前に練習するロシア代表=三村幸作撮影

初戦を前に練習するロシア代表=三村幸作撮影

開催国のロシアが開幕戦でサウジアラビアを迎え撃つ。地元の期待を背負い、勝利だけを求められる戦いは重圧のかかる一戦だ。

舞台となるルジニキ競技場で行われた試合前日の共同記者会見で、ロシア代表のチェルチェソフ監督は「すべての準備は整った。明日は我々が勝つ」と威勢よく言い放った。A組には古豪ウルグアイ、今季プレミアリーグ得点王のサラーを擁するエジプトがいる。ロシアが確実に勝ち点3を計算できる相手はサウジだけといってよく、この初戦でつまずくようだとノルマとされる1次リーグ突破は危うくなる。

ロシアの前評判は決して高くない。昨年10月の韓国戦に勝って以降、国際試合に7戦3分け4敗と白星から見放されている。最新の国際サッカー連盟(FIFA)ランキングはW杯出場32チーム中最低の70位まで落ち、同67位のサウジとはブービーとブービーメーカーの関係にある。一つ間違えると、泥沼の戦いになりかねないわけだ。

記者会見するチェルチェソフ監督

記者会見するチェルチェソフ監督

アジア勢初の開幕戦の栄誉を担うサウジはW杯出場を決めた後、指揮棒がファンマルウェイク氏(現オーストラリア監督)からバウサ氏、ピッツィ現監督へと転々。5月末から3連敗して本番を迎えるが、直近のドイツ戦では1―2の接戦を演じ、選手は気を良くしている。主将のO・ハウサウィは「我々の目標は次のラウンド(決勝トーナメント)に進むこと」。

W杯開催国が大会初戦を落とした例は過去一度もない(15勝6分け)。開幕戦に限っても6勝3分けと開催国は負けていない。ロシアを後押しするデータはそろっている。2002年日韓大会のチュニジア戦以来、16年ぶりにW杯で勝って、超満員のサポーターに熱狂をプレゼントできるかどうか。

(武智幸徳)

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

W杯関連のコラム

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]