2018年7月22日(日)

光回線の契約数、初の3000万件突破も伸びは鈍化 MM総研調べ

ネット・IT
モバイル・5G
2018/6/14 15:00
保存
共有
印刷
その他

 調査会社のMM総研(東京・港)は14日、2018年3月末時点の光回線(FTTH)サービスの加入件数が3029万件だったと発表した。3000万件を初めて突破したものの17年度の年間純増数は102.8万件と前年度に比べ約3割減の水準にとどまり、市場は踊り場を迎えている。

 光回線市場の契約数シェアでは、NTT東西が合計67.8%で首位。ただ、1年間で0.7ポイント減とわずかにシェアを落とした。NTT東西の年間純増数が48万件と前年度比4割減の水準にとどまった点が響いた。

 NTT東西の光回線のうち、他社に回線を卸す「光コラボレーションモデル(光コラボ)」の比率は54.1%まで高まっている。光コラボをけん引するのは、NTTドコモソフトバンクの携帯大手2社だ。光コラボの契約数に占める携帯大手2社のシェアは7割超まで拡大している。

 MM総研では、今回からワイヤレス通信で固定ブロードバンドを代替するサービスを調査対象に加えた。ワイヤレス型の固定ブロードバンドは18年3月末時点で219.4万件、固定ブロードバンド市場に占める契約数シェアは5.3%となり、急拡大していることが見えてきた。同社ではワイヤレス型の固定ブロードバンドは、工事不要ですぐに利用できる点などから従来の光回線サービスの代替として普及が進み、23年3月末には714万件、固定ブロードバンド市場に占める契約数シェアは14.9%まで拡大すると予想する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報