2018年10月23日(火)

福島第2原発廃炉、東電社長表明 背景にトリチウム水

2018/6/14 11:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長が14日、東京電力福島第2原子力発電所を廃炉にする方向で検討すると表明した。廃炉は、地元がかねて求めていたもの。事故を起こした福島第1原発では難題が山積しており、特にトリチウムを含む原発処理水問題は喫緊の課題。今回の表明は、地元に寄り添う姿勢を見せることで、その解決に向けた地ならしを本格的に始めたと見る向きもある。

「新しい執行体制を構築して1年。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報