2018年6月25日(月)

途上国支援、現地の意識変革カギ 北野尚宏氏
早稲田大学教授(都市地域計画)

私見卓見
2018/6/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日本は発展途上国の自助努力を支援し、開発援助で成果を上げてきた。第2次世界大戦からの復興や近代化の経験をもとに、貿易・投資・援助を効果的に結び付けたところに強みがある。現在の援助額は世界第4位に甘んじているが、支援の手法に磨きをかけることでより大きな成果をあげられると考えている。

 一つ事例を挙げたい。「クリーンダッカ・プロジェクト」だ。バングラデシュの首都ダッカは東京23区の5分の1ほどの面積に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報