2018年10月21日(日)

10/21 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 始動する臨海部経済圏 「NEO TOKYO」こんな街に[有料会員限定]
  2. 2位: 世界最大の資産運用会社が企業に求める「理念」[有料会員限定]
  3. 3位: 一段の新興国通貨安、市場が警戒 利上げ判断が焦点[有料会員限定]
  4. 4位: 中国に振り回される日本株 決算にらみリスク見極め[有料会員限定]
  5. 5位: 下げ相場では早逃げ、青木貞吉氏

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,532.08 -126.08
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,530 -60

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

10月19日(金)14:18

中国の7〜9月期GDP6.5%成長 2期連続で減速[映像あり]

9月の工業生産高↑5.8% 小売売上高↑9.2%

10月19日(金)13:05

[PR]

マーケット > 海外 > NY特急便 > 記事

NY特急便

フォローする

米中摩擦にかき消されたFOMCの「本当の意味」
米州総局 大塚節雄

2018/6/14 7:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

13日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)後に公表された利上げシナリオで、今年1年の回数が4回(年内残り2回)に増えるなど、利上げに積極的な「タカ派」の姿勢が売りを誘った。

だが、この日の動きで最も注目すべきなのは、その後の動きだ。発表から30分ほどたったころから、売りの勢いがいったん収まった。その後、「トランプ米政権が近く中国への追加関税措置を発動する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

NY特急便 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム