2019年1月17日(木)

プロ野球

西武・今井が初登板初勝利 つまずきも無駄にせず

2018/6/14 0:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

逆転劇はありがたいが、それが四回裏となると、投手にとっては微妙なことになってくる。特に初勝利がかかる場合は……。

注目された西武・今井の五回だったが、全くの杞憂(きゆう)だったことがわかる。先頭、藤井の左飛は栗山の好捕に助けられたものの、荒木に四球を与えたあと、青木、川端を三振、遊ゴロ。

全く浮ついたところがなかったのはさすがは2年前の甲子園優勝投手。アマチュアと同列に扱ってはいけないが、勝つこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 ロッテの涌井秀章投手(32)が17日、ZOZOマリンスタジアムで契約更改交渉に臨み、現状維持の2億円でサインした。昨季は7勝9敗、防御率3.70で、チームも5位に終わった。15年目のシーズンに向けて …続き (20:15)

自主トレを公開しキャッチボールする楽天・銀次(17日、沖縄県内)=共同

 楽天の銀次内野手が17日、沖縄県内で練習を公開し、今季の目標に2014年にマークした自己最高の打率3割2分7厘を超える3割3分を掲げ「首位打者争いをもう一回やりたい。そういう重圧の中で戦っていきたい …続き (18:11)

 日本ハムは17日、キャンプでの1、2軍の選手の振り分けを発表し、ドラフト1位ルーキーの吉田輝星投手(秋田・金足農高)は沖縄県国頭村で行われる2軍でのスタートとなった。
 米アリゾナ州スコッツデールで行 …続き (14:59)

ハイライト・スポーツ

[PR]