2018年8月19日(日)

プロ野球

西武・今井が初登板初勝利 つまずきも無駄にせず

2018/6/14 0:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 逆転劇はありがたいが、それが四回裏となると、投手にとっては微妙なことになってくる。特に初勝利がかかる場合は……。

 注目された西武・今井の五回だったが、全くの杞憂(きゆう)だったことがわかる。先頭、藤井の左飛は栗山の好捕に助けられたものの、荒木に四球を与えたあと、青木、川端を三振、遊ゴロ。

 全く浮ついたところがなかったのはさすがは2年前の甲子園優勝投手。アマチュアと同列に扱ってはいけないが、勝つこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

9回巨人1死一、三塁、マギーが左前にサヨナラ打を放つ(19日、東京ドーム)=共同

 巨人が1―5の九回1死一、二塁から5連打で逆転サヨナラ勝ちした。代打陽岱鋼の二塁打で1点。長野の内野安打、代打大城の二塁打、田中俊の右前打で追い付き、最後はマギーが左前打した。中日は岩瀬、R・マルテ …続き (17:47)

 ソフトバンクが同一カード3連戦3連勝。2―2の九回、今宮の6号2ランで勝ち越し、さらに松田宣の2点二塁打などで4点を加えた。加治屋が今季3勝目。オリックスは松葉が7回1失点と粘るも、救援陣が打たれた …続き (17:16)

13勝目を挙げ、中崎からウイニングボールを受け取る広島・大瀬良(左端、18日、横浜)=共同

 快調だった広島の大瀬良が八回、連打で無死一、三塁を招いた。前夜、3被弾で大逆転を喫した魔の八回。このピンチに救援した左腕フランスアが無失点の好投で流れを渡さず、チームに優勝へのマジック30が再点灯し …続き (0:16)

ハイライト・スポーツ

[PR]