2018年8月16日(木)

プロ野球

西武・今井が初登板初勝利 つまずきも無駄にせず

2018/6/14 0:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 逆転劇はありがたいが、それが四回裏となると、投手にとっては微妙なことになってくる。特に初勝利がかかる場合は……。

 注目された西武・今井の五回だったが、全くの杞憂(きゆう)だったことがわかる。先頭、藤井の左飛は栗山の好捕に助けられたものの、荒木に四球を与えたあと、青木、川端を三振、遊ゴロ。

 全く浮ついたところがなかったのはさすがは2年前の甲子園優勝投手。アマチュアと同列に扱ってはいけないが、勝つこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

大リーグの公式サイトは菊池が来季からメジャーでプレーする可能性があると報じた=共同

 【ニューヨーク=共同】米大リーグの公式サイトは15日、プロ野球西武の菊池雄星が来季からメジャーでプレーする可能性があると報じた。菊池は以前から大リーグ挑戦の意向があり、西武との契約更改交渉でも将来的 …続き (10:44)

三回、丸が右中間に先制の二塁打を放つ(15日、京セラドーム)=共同

 時間の問題だったが、独走広島にマジックナンバー「32」が点灯した。状況から見て、大逆転のドラマを演じそうなチームは見当たらない。5球団のクライマックスシリーズ出場権争いをよそ目に、広島のマジック減ら …続き (15日 23:30)

阪神に勝利し、跳び上がって喜ぶ丸(右)ら広島ナイン(15日、京セラドーム)=共同

 広島が60勝に達し、優勝へのマジックナンバー32を点灯させた。三回に丸の二塁打と鈴木の2ランで3点先取。3―2の四回に押し出し四球を選んだ丸が六回は二塁打で加点した。九里が6勝目。才木が崩れた阪神は …続き (15日 22:19)

ハイライト・スポーツ

[PR]