2019年1月22日(火)

プロ野球

西武・今井が初登板初勝利 つまずきも無駄にせず

2018/6/14 0:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

逆転劇はありがたいが、それが四回裏となると、投手にとっては微妙なことになってくる。特に初勝利がかかる場合は……。

注目された西武・今井の五回だったが、全くの杞憂(きゆう)だったことがわかる。先頭、藤井の左飛は栗山の好捕に助けられたものの、荒木に四球を与えたあと、青木、川端を三振、遊ゴロ。

全く浮ついたところがなかったのはさすがは2年前の甲子園優勝投手。アマチュアと同列に扱ってはいけないが、勝つこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 プロ野球の実行委員会が21日、東京都内で開かれ、1軍公式戦に出場できる「出場選手登録」の人数が1人増えて29人となったことなどに伴う野球協約の改定が承認された。
 オールスター戦を辞退すると後半戦の最 …続き (21日 19:05)

 中日は21日、沖縄キャンプの1、2軍の振り分けを発表し、ドラフト1位新人の根尾昂内野手(大阪桐蔭高)が1軍に入った。中日では高校出身の新人野手で1軍スタートは2012年の高橋周平内野手以来となる。ナ …続き (21日 18:45)

室伏広治氏から体幹トレーニングの指導を受けるオリックス・吉田正(21日、東京都内)=共同

 オリックスの吉田正尚外野手が21日、東京都内でアテネ五輪陸上男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治氏から体幹トレーニングの指導を受けた。吉田正は「(野球をする体をつくれて)自信になる。(故障をしない …続き (21日 17:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]