愛知県、複数台の自動運転実証 アイサンなどに委託

2018/6/13 21:30
保存
共有
印刷
その他

愛知県は13日、複数の自動運転車を同時に走行させる実証事業を測量ソフト開発のアイサンテクノロジーなど、8社1大学に委託すると発表した。具体的なルートや開始時期を愛知県警察などと調整したうえで、豊橋市など県内3市で実証を行う。複数台の完全自動運転や次世代高速通信技術「5G」の活用などに取り組む。

実証事業はアイサンが事業を統括。岡谷鋼機KDDI、損害保険ジャパン日本興亜、名古屋大なども参画する。豊橋、一宮、常滑の3市で実施し一部では公道を走行する予定。5Gの実験無線局が近くにある一宮市では、自動運転の通信に5G技術を活用する。

自動運転は、高齢者や障害者など移動に困難を伴う人や、過疎地での利用も想定されている。3市の実証では住民や交通事業者に利用してもらい、実用化に向けた課題も探る。公道外の限られた場所では、自動運転の技術開発を手掛ける新興企業のティアフォー(名古屋市)が開発した車両を投入する計画がある。

愛知県は2016年度から、自動運転の実証実験を重ねてきた。県内での実走距離は累計で3500キロメートルを超えるという。昨年12月には幸田町で一般公道を使い、完全自動運転を行った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]