2018年10月21日(日)

トヨタ、車共有時代に布石 グラブに1100億円出資 金融サービスを共同開発

2018/6/13 19:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車は13日、東南アジアの配車最大手のグラブに10億ドル(約1100億円)を出資すると発表した。トヨタは世界中で配車アプリ大手との出資や提携を進めてきたが、グラブへの出資額は過去最大。配車大手が持つデータを活用し金融などのサービスを開発する。車の「所有」から「共有」への流れが強まるなか、サービスで稼ぐ会社に変わるため相次ぎ布石を打っている。

グラブは東南アジア8カ国約200都市でライドシ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報