2018年8月18日(土)

8/18 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 上海株大引け 5日続落、2年7カ月ぶり安値 中国ショック後安値に接近[有料会員限定]
  2. 2位: ハイテク株変調の影 世界で包囲網、売り要因に[有料会員限定]
  3. 3位: トランプ氏「決算開示を半期に」 SECに研究指示
  4. 4位: 東証大引け 3日ぶり反発 海運や機械に買い
  5. 5位: エヌビディア株下落、仮想通貨向けGPU売り上げ「ゼロ」の衝撃[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,389,427億円
  • 東証2部 95,293億円
  • ジャスダック 100,273億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.28倍 --
株価収益率14.18倍14.47倍
株式益回り7.05%6.90%
配当利回り1.72% 1.76%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,270.38 +78.34
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,260 +100

[PR]

スクランブル

フォローする

堅調相場に個人の悲鳴 空売り勢、内需株買い戻し
証券部 菊池貴之

2018/6/13 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 13日の東京市場で日経平均株価は3日続伸し、3週間ぶりとなる2万3000円台の回復を射程に捉えた。ここに来て上昇に一役買っているのが個人勢だ。といっても、買い手は上値を追う「順張り派」ではなく、上値が近いと見ていた「逆張り派」だ。信用取引の売り手が、じり高相場で買い戻しを迫られる「踏み上げ」が増えており、堅調相場を支えている。

 「個人が空売りで発生した損に我慢しきれなくなって買い戻している」。松…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

相場と投資を読み解く

13日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム