2018年6月24日(日)

AI開発、サムスン急発進 脱メモリー依存急ぐ

エレクトロニクス
朝鮮半島
アジアBiz
2018/6/13 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 韓国サムスン電子が人工知能(AI)の研究開発を一気に本格化する。推進役となる幹部ポストと海外3カ国の開発拠点を新設し、2020年までに技術者1千人体制とする。AI向けに情報を高速処理する半導体や、新薬の開発につなげ、半導体メモリーに続く新たな経営の柱を育てる。事実上のトップ、李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が主導し、出遅れが指摘されるAIで巻き返しを狙う。

 サムスン関係者によると、AIなどの新分野や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報