/

この記事は会員限定です

日産インドは悩みの種、新型車投入で巻き返し狙う

[有料会員限定]

日産自動車は13日、中近東、アフリカ、インドでの営業利益率を2022年までに10%以上に高める計画を明らかにした。インドで新型車を投入して工場の稼働率を高め、アルジェリアでは現地生産を検討するなど新市場にも進出する。人口増加で今後も市場の拡大が望める地域で今後の成長の基盤を築く構えだ。

3地域を統括するペイマン・カーガー専務執行役員が記者説明会を開き「これらは文化が多様な地域だからこそ、ダイバーシティーが進...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り848文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン