2018年9月22日(土)

スバルの検査不正 最終報告書公表、8月以降にずれ込み
週内にも調査チーム 新中計には防止策

2018/6/14 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 SUBARU(スバル)の群馬製作所(太田市)が完成車の検査で国の定める基準を逸脱した試験をしていた問題で、当初7月を予定していた報告書の公表が、8月以降にずれ込む可能性があることが分かった。品質の確認などに時間がかかるためだ。7月には再発防止策を盛り込んだ新中期計画も発表する計画で、調査と並行して足元の立て直しも急ぐ。

 調査を一任するチームには弁護士に加えて、生産ラインに詳しい専門家などが加わる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報