観光情報 QRコードに 大分、APUが協力

2018/6/13 16:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

QRコードをスマートフォンで読み込み、観光名所や飲食店の情報が英語、韓国語、中国語で見られる翻訳サービスが大分県内で広がっている。2019年ラグビーワールドカップを控え県内に宿泊するインバウンド(訪日外国人客)は12年の約3倍と急増。立命館アジア太平洋大学(APU)の留学生などが翻訳に協力しながら、リピーターを増やす狙いだ。

サービスは「ケンコーコム」創業者の後藤玄利氏が設立した一般社団法人タグ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]