2018年9月26日(水)

「個店」の限界 消える老舗百貨店、名古屋の丸栄

コラム(地域)
2018/6/14 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 400年以上の歴史を持つ老舗百貨店、丸栄(名古屋市)が6月30日に閉店する。かつては名古屋で松坂屋や名鉄、三越と並び、頭文字を取って「4M」と称された百貨店の雄。繁華街の栄で1店舗だけで存続を模索したが、販売不振から抜け出せなかった。「個店」の限界から仕入れ力やブランド力の面でライバルの背を追えず、名門ののれんを下ろす。

■歴史400年以上

 「以前は地下の食品売り場に毎日通っていた。寝具や日用品の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報