/

この記事は会員限定です

東京から新薬を VCと都、創薬系の起業を支援

スタートアップ育成へ 7月から研究者ら募集

[有料会員限定]

独立系ベンチャーキャピタルのビヨンドネクストベンチャーズ(東京・中央、伊藤毅社長)は13日、東京都の委託を受け、7月から創薬系スタートアップの育成プログラムを始めると発表した。研究者の起業やスタートアップの事業加速を支援する。都の「創薬系ベンチャー育成支援事業」として行うもので、都によれば創薬に絞った育成事業は国内初。

プログラムの名称は「ブロックバスター東京」。売り上げが特に大きい医薬品をブロッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り560文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン