/

財布やスマホ見つからず、証拠隠滅か 静岡看護師遺棄

静岡県藤枝市の山中で浜松市浜北区の看護師、内山茉由子さん(29)の遺体が見つかった事件で、内山さんの財布やスマートフォン(スマホ)が見つかっていないことが13日、捜査関係者への取材で分かった。浜松東署捜査本部は、逮捕監禁容疑で逮捕した40代と20代の男らが証拠隠滅を図ったとみて調べている。

内山さんは5月26日夕、浜松市中区のフィットネスクラブの駐車場で、自分の車に乗ろうとした際、2人の男に押し込まれ、車ごと連れ去られる様子が駐車場の防犯カメラに映っていた。別の防犯カメラにはもう1人の男の姿も映っていた。

県警は家族からの行方不明届を受けて捜査。三重県桑名市内で乗り捨てられていた内山さんの車を見つけ、6月9日夕には藤枝市瀬戸ノ谷の山中で遺体を発見した。

県警は、放置された車の周囲や遺体の遺棄現場周辺を捜索したが、内山さんの財布やスマホは見つからなかった。

40代の男は11日夜、名古屋市の中川署に1人で出頭した。内山さんを連れ去ったことは認めたが、遺棄容疑については否認。「ばれるのも時間の問題だと思った」という趣旨の供述をしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン