2018年10月16日(火)

10/16 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、ダウ反落し89ドル安 ハイテク株が軒並み下落 ナスダックも反落
  2. 2位: 投信販売、大手銀も「脱手数料」 三菱UFJ銀など[有料会員限定]
  3. 3位: 消費増税、「キャッシュレス決済」銘柄に市場が注目[有料会員限定]
  4. 4位: オリエンタルランド、注目高まる次の値上げ[有料会員限定]
  5. 5位: ハウスドゥ、「ケフィア破産」でつまずいた成長株[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,271.30 -423.36
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,190 -460

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

10月15日(月)14:18

官房長官 フェイスブックの情報流出「日本人も可能性」[映像あり]

経産省が小規模太陽光の規制強化 FIT認定取り消しも

10月15日(月)13:03

[PR]

業績ニュース

東芝、7000億円の自社株買いへ 物言う株主に配慮

2018/6/13 11:52
保存
共有
印刷
その他

東芝は13日、7000億円程度の自社株買いを実施すると発表した。時期については「可能な限り早く」としている。昨年12月の6000億円の増資や半導体子会社だった東芝メモリの売却で財務が改善。増資を引き受けた株主からは、早期の自社株買いを求める声が強まっていた。

東芝がこのタイミングで巨額の自社株買いの方針を表明したのは、27日に予定している株主総会対策との見方もある

東芝がこのタイミングで巨額の自社株買いの方針を表明したのは、27日に予定している株主総会対策との見方もある

東芝は大型増資で今年3月末に債務超過を解消し、上場廃止を免れた。さらに6月の東芝メモリ売却で1兆円超のキャッシュを手に入れ、一段と財務が盤石になった。

一方で昨年の増資を引き受けた海外ファンドなどからは「経営危機を脱した今、早急に自社株買いで増資に応じた株主に還元すべきだ」との声が強まっていた。そのため今回、天然ガス関連や証券訴訟のリスク、構造改革費用などを考慮し、7000億円程度の自社株買いが適当だと判断した。具体的な株式取得方法は検討中という。

東芝がこのタイミングで巨額の自社株買いの方針を表明したのは、27日に予定している株主総会対策との見方もある。株主の一部には「自社株買いなどの還元姿勢をみせなければ、車谷暢昭会長の取締役選任議案に反対する可能性もある」との声が出ていた。総会前に株主に配慮する姿勢を示すことで、経営再建を円滑に進めたいとの考えがあったようだ。

自社株買い方針の発表を受け、13日午前の東芝株は一時、前日比8%超上昇した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム