/

この記事は会員限定です

若者の契約トラブル防げ 民法改正、消費者教育広がる

[有料会員限定]

成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が13日成立した。2022年4月の施行後は携帯電話を親の同意なく契約できるなど、18、19歳の若者の社会生活の幅が広がる。経験の乏しさにつけこもうとする悪質業者の標的になる恐れもある。高校などの教育現場は契約トラブルなどに巻き込まれないよう、消費者教育に力を入れ始めた。

「電話で宅配ピザの注文をするとき、契約が成立するのは店員が注文を承諾したとき? ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1012文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン