/

東京五輪前後に3祝日移動 改正法成立、渋滞を緩和

2020年に限って3つの祝日を東京五輪の前後に移す改正東京五輪・パラリンピック特別措置法が13日午前の参院本会議で与党や立憲民主党などの賛成多数で可決、成立した。

海の日(7月第3月曜日)を東京五輪の開会式前日の7月23日、体育の日(10月第2月曜日)を開会式の24日、山の日(8月11日)を閉会式翌日の8月10日にそれぞれ移す。

開会式や閉会式の前後は多数の海外要人が訪日・離日する。その期間に祝日をあてて首都圏の通勤・通学者を減らすことで、渋滞を緩和し、要人の警備に支障が出るのを避ける狙いもある。

祝日を移動することで20年の7月23~26日は土日も含めて4連休になる。閉会式をはさむ8月8~10日は3連休になる。

参院本会議ではこのほか、20年から「体育の日」を「スポーツの日」に改称する改正祝日法、「国民体育大会」を「国民スポーツ大会」に改める改正スポーツ基本法、ドーピング防止を国の責務と位置づけるドーピング防止活動推進法も可決・成立した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン