バス無免許運転させ罰金 奈良・吉野山で運行

2018/6/13 9:20
保存
共有
印刷
その他

奈良区検は13日までに、必要な免許を持っていない男性にバスを運転させたとして道交法違反(無免許運転下命)の罪で、奈良県吉野町の吉野山で路線バスを運行する「吉野大峯ケーブル自動車」の男性代表取締役(43)と女性社員(37)を略式起訴した。五條簡裁は、2人にそれぞれ罰金35万円の略式命令を出した。11日付。

代表取締役らは中型第2種免許を取得していない男性(82)に事業用マイクロバスの運転を指示した疑いで、5月に奈良県警に逮捕された。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]