2018年11月18日(日)

スペシャル

フォローする

サムライ人気、曲がり角? 好収益も募る危機感
熱狂の裏側 変わるサッカービジネス(上)

2018/6/13 2:30
保存
共有
印刷
その他

ガーナに敗れ肩を落とす日本代表イレブン(5月30日)

ガーナに敗れ肩を落とす日本代表イレブン(5月30日)

サッカーのワールドカップ(W杯)開幕まであと1日。だが、前哨戦でのふがいない試合もあってか、日本代表にひと頃の熱狂はない。少子化の影響もあって、ボールと戯れる子供も減りつつある。一方で、スキャンダルに揺れた国際サッカー連盟(FIFA)は、ビジネス界の巨人の手を借りてW杯大改革を狙う。サッカーは、どこへ向かおうとしているのか。

昨年10月、横浜の日産スタジアムで行われたハイチとの親善試合。前日会見で日本代表のハリルホジッチ監督(当時)は異例とも言える呼びかけを行った。「チケットが余っている。多くのサポーターに来てほしい」

視聴率低下、競技人口も減少

6大会連続のW杯出場を決めたオーストラリア戦から1カ月余り。本大会へと国民の関心も高まるはずが、当日の観客数は4万7420人と収容人数の7割程度。4年前、同時期・同会場の親善試合に満員のサポーターが押し寄せたことを考えれば、寂しい状況だった。

“史上最強"とうたわれた「ザックジャパン」が2014年ブラジル大会で1次リーグ敗退に終わり、日本中が失意のどん底に落とされた。あれから4年。本田圭佑(パチューカ)、岡崎慎司(レスター)ら主力がピークを過ぎた一方で、新戦力の台頭は遅れ、世界ランキングも大きく下げた。

この間、スポーツ界には錦織圭、大谷翔平らニュースターが続々と誕生。20年東京五輪が近づき、「世間の関心は卓球など他競技に移り始めた」と日本サッカー協会の須原清貴専務理事は警戒する。W杯出場が当たり前となった今、サッカーに国民が向ける視線は厳しくなりつつある。

ビデオリサーチ社によれば、ロシアW杯アジア最終予選の平均視聴率は17.4%で、ここ7大会のうち南アフリカ大会に次ぐ2番目の低さ。昨年末の東アジアE―1選手権は海外組が不在とはいえ、韓国戦では9.7%と1桁台に落ち込んだ。

親善試合の放映権料は1試合2億円程度で、現状は黒字が続く。だがW杯直前でも盛り上がりをいまひとつ欠く状況に、各テレビ局は気をもんでいる。「10~15%の視聴率をこのまま保てればいいが……」と民放関係者。

対照的に協会の収益は好調だ。昨年度は過去2番目の約200億円で、スポンサーなど代表関連が7割を占めた。15年にはアディダスジャパンと、約8年で推定二百数十億円で契約更新した。

16年にはKDDIがスポンサーの仲間入り。同社の馬場剛史宣伝部長は「挑戦者のイメージが魅力的。ブランドの好感度は上がっている」。VR観戦の提供など、独自の試みも始めている。

1978年から協会を支えるキリン。ウェブ調査では同社のサッカー支援の認知度が約4割と、40年に及ぶ関係を企業イメージ向上につなげる。ブランド戦略部の泉伸也氏は「これからも軸をぶらさず応援し続けたい」と話す。

とはいえ、日本協会の須原専務理事は「今後の契約を楽観視はしていない」と危機感を募らせる。協会の独自調査によれば、代表の関心度はここ10年減少傾向で、ブラジルW杯前から約10ポイント低下。サッカー離れが進めば、企業の顔色が変わる可能性もあり得る。

競技人口は14年度をピークに下降し、小学生年代は17年度までの5年間で12%減少。少子化による小学生児童数の減少率4.7%より落ち込みが激しい。「他の競技に比べて、新規ファン獲得の試みが弱かった」と須原氏。協会はSNSの活用やスタジアムのエンタメ化と、見せ方の工夫に思案を巡らせる。

同じように下馬評が低かった8年前の南アフリカ大会は、勝ち進むにつれ日本中を熱狂の渦に巻き込んだ。決勝トーナメントのパラグアイ戦は50%超の視聴率を記録した。「こんな爆発力のあるコンテンツは他にない」(テレビ関係者)と期待する声はなおやまない。

W杯で勝てばまた熱狂の風が吹く。しかし、競技の土台を耕し、未来の代表選手を育てる次の「戦い」が待つ。

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

日本代表のコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
サッカー日本代表監督への就任が決まり、記者会見する森保一氏=共同共同

 サッカー日本代表の新監督に、森保一・U―21(21歳以下)監督が兼任で就くことになった。
 日本人指導者の間で監督交代がなされるのは1997年の加茂周―岡田武史以来になる。この時は監督解任に伴う継承劇 …続き (7/27)

 現地時間の6月14日夜、開幕したサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に6大会連続出場を果たした日本代表はここにきて大きく路線を変更したようだ。本大会2カ月前になって電撃的な監督交代が断行され、 …続き (6/15)

FIFAはクラブW杯を4年に1度とし、出場枠を24チームに増やす見込み(2017年大会で優勝したレアル・マドリード)=ロイターロイター

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会を前に世界のサッカー界が揺れている。発端は国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長が打ち出した2つの改革だ。
 まずはクラブW杯の拡大。7クラブで毎年開く大会 …続き (6/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]